Monthly Archives: 11月 2015

泣き言

ブラームスはピアノ作品はあまり得意ではなかったようです。若い頃は、このジャンルにおいてもベートーベンを意識してソナタ作品を書いているのですが、それ以後はそう言うチャレンジをぷっつりとやめてしまいます。そして、中期に二つの

男にとって・・・。

男にとって母というのは微妙な存在です。 死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天にきこゆる 15歳で母の元を離れた茂吉にとって、母性が持つ聖性は維持され純化されていたのでしょう。そうでなければ、母の死に際してこんな絶唱