シェーンベルグ~浄められた夜

シェーンベルクの作品の中では最も親しまれている音楽 ある方が、シェーンベルクの無調の作品のことを「音楽史的には革命的な業績として評価はされるけれども、昔も聞かれなかったし、今も聞かれることはなく、そしてこれからも聞かれる

Continue reading

ベルリオーズ渾身の自信作

ベルリオーズはフランス人ですから、おそらくはローマ・カトリックの環境の中で育ったのでしょうが、その言動を見る限りではそれほど深い信仰心を持った人ではなかったようです。 しかし、それでも、この「レクイエム」をはじめとしてい

Continue reading

リリー・クラウスの絶頂期の記録

リリー・クラウスはモーツァルト弾きとしてそれなりの評価がされていますが、ほぼ同時代を生きたハスキルなどと比べるとその評価は決して高くはないように見えます。 何故だろう、と私などは不思議に思ってしまいます。 繊細で透明感に

Continue reading