フルトヴェングラー 指揮 ベルリン・フィル:ベートーベン:「エグモント」序曲

ベートーベン:「エグモント」序曲

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1933年録音

フルトヴェングラーは戦後に行った演奏が3種類残っています。

  1. 1947年5月27日録音:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  2. 1948年7月24日録音:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  3. 1953年9月4日録音:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

それらと較べると音楽のテイストは随分と異なります。
遅めの悠然たるテンポで始まるのですが、直線的な造形で次第にテンポを上げていってフィナーレに達する剛直さは覇気溢れる音楽になっています。



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です