バックハウス/ブラームス:2つのラプソディ,Op.79

ブラームス/2つのラプソディ,Op.79

(P)ヴィルヘルム・バックハウス 1933年録音

バックハウスのブラームスの古い録音なんてのは、こういう機会でもないと聞くことはにでしょうから。化石音源として発掘しておく意味は大きいかと思います。
ショパンのエツードでは繊細な表現に重きをおいていたのですが、このブラ-ムスのラプソディではヴィルティオーゾを前面に押し出しています。

なるほど、こういう演奏を聴いて彼のことを「鍵盤の獅子王」とネーミングしたのかもしれません。
それにしても、復刻に使ったSP盤の状態がよほどよかったのか、素晴らしい音質で若きバックハウスが蘇っています。



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です