ヴォーン・ウィリアムズの作品がパブリックドメインとなっているようです。

最近著作権について調べていて新しい発見がありました。
まずは、調べたかったのはヒンデミットの著作権についてです。ヒンデミットはドイツの作曲家ですから、一般的には戦時加算の対象とはなりません。しかし、ナチスの迫害を逃れて1940年にアメリカに亡命をして市民権を得ています。
これは、バルトークやプロコフィエフなどにもあてはまるパターンで、作品によって著作権が切れていたり切れていなかったりするので注意が必要なのです。最近気になっている作曲家としては、チェコのマルティヌーなんかもよく似た経歴を持っていて、ややこしいこと限りなしなのです。
ただし、ヒンデミットの場合は調べた限りでは割合に割り切れる部類に属するようで、一般的には亡命以前に作曲された作品、つまりはドイツ人として作曲した作品は戦時加算の対象にならないのでパブリック・ドメイン、アメリカ亡命以後に作曲された作品は戦時加算の対象となるので未だに著作権が切れていないという理解でいいようなのです。
これでいくと、サイトに是非ともアップしたいと考えていた交響曲「画家マチス」はパブリックドメインとなっているようです。

Vaughan_Williams

Ralph Vaughan Williams

しかし、ここで述べたい「新しい発見」とはその事ではありません。
実は、これについて調べている過程で、当然のことならが戦時加算の対象になるはずなのに、何故かそれが適用されていない大物作曲家の存在に気づいたのです。
その大物作曲家とは「レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(イギリスの作曲家:1872年10月12日-1958年8月26日)」です。

ヴォーン・ウィリアムズは1958年になくなっていますので、日本の著作権法の下では死後50年が経過した翌年の1月1日をもって権利が消滅することになっています。ですから、2009年にはパブリックドメインとなるのですが、ここで登場するのが敗戦国(いつまでそんなことを言われるの、と言いたくなりますね)日本に対するペナルティ条項である「戦時加算」です。
詳しい経緯は避けますが、日本での著作権が消滅してから、さらに一定期間わたって著作権が維持されるというのが「戦時加算」と呼ばれるもので、その加算期間はイギリスの場合は3794日となっています。
つまり、ヴォーン・ウィリアムズの場合だと、2009年1月1日から3794日経過しないと著作権が消滅しないのです。

この「3794日」というのをもう少し分かりやすく計算すると、1年365日ですから10年で3650日+2日(閏年は10年に2回)=3652日となりますので、10年と142日という事になります。1月1日から142日経過した日というのは閏年でなければ5月22日ですから、普通に考えればヴォーン・ウィリアムズの著作権は2019年5月22日まで継続されるはずなのです。
ところが、何故か、このヴォーン・ウィリアムズの全ての著作権は既に日本国内では消滅していてパブリックドメインになっているのです。

そんな馬鹿なと思ったのですが、JASRACの「作品データベース検索サービス」で調べてみると、確かに全ての作品がパブリックドメインとなっています。
実にもって不思議な話なのでネット上であれこれ情報を探ったのですが、その経緯は全く分かりませんでした。分からないどころか、いまだにヴォーン・ウィリアムズは戦時加算の対象となるために著作権が消滅していないので注意が必要だという記述にあちこちで出会いました。

ただし、ヴォーン・ウィリアムズの作品がパブリックドメインとなったことは間違いないようです。誰か、この経緯をご存知の方がおられるでしょうか?

それから、もう一人、アメリカの大物作曲家である「チャールズ・アイヴズ」の著作権が2005年5月22日をもって消滅していることにも気づきました。アイヴズは1954年に亡くなっていますから、アメリカの戦時加算3794日がキッチリ追加された上で、めでたくパブリックドメインとなりました。

<追記>
その後、このアイヴスも何故か戦時加算の対象にはならず2005年をもってパブリックドメインとなっていたという情報にも出会いました。もちろん、上で述べたように昨年の5月をもってパブリックドメインとなったという情報も存在します。
どちらにしても現時点ではパブリックドメインとなっているので問題はないのですが、やはりこの手の問題は自己責任でしっかりと調べをつける必要があるようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です