根性なしの話

戦争の時代に生きざるを得なかったドイツの文化人は、好むと好まざるとに関わらずナチスとの関係を問われざるを得ません。 クラシック音楽の世界では、70年以上の時が経過しているのに、未だにフルトヴェングラーやカラヤンの責任が問

Continue reading

夕焼けよ一言いって沈んでゆけ

夕焼けよ一言いって沈んでゆけ 亡き永六輔氏が夕焼けに向かって叫んでいた一言なのですが、そのままでステキな俳句になっています。 日々の仕事に追われていると、夕焼けを見たり、お月様を見たり、星を見上げたり、さらには飛んでいる

Continue reading

類想、恐れるべからず!!

2年ほど前から「俳句」を始めています。 俳句を始めてからよく目にする言葉が「類想」です。 これはクラシック音楽の世界にも存在します。 ショパンのピアノ・コンチェルト1番の第1楽章と都はるみの「北の宿」からとか、中田喜直の

Continue reading

尺八の演奏会に行ってきました。

ひょんな事から尺八の演奏会に足を運ぶことになりました。演奏されるのは、この夏のザルツブルグ音楽祭にも招待されているというその筋では有名な方らしいのですが、邦楽には全く疎い私には全く存じ上げない方でした。(って、私が知って

Continue reading

物わかりの悪いオヤジ

どうやら夏も終わりのようです。 クマゼミの鳴き声にも今までの勢いがなくなってきて、かわりにツクツクボウシの鳴き声がまじってきたりします。 とは言え、暑いです。聞くところによると、8月の大阪の平均気温は沖縄の那覇を上回って

Continue reading

オーディオ骨董論

最近、オーディオというのは骨董の世界に似ているなと思い始めました。 言うまでもなく、骨董の世界というのは美術の世界と似ているようで異なるものです。 そう言えば、小林秀雄はどこかで、「骨董というものは買ってみて、手元に置い

Continue reading

ヴァイオリンの神話に疑問符?

昨日付のニュースで 『何億円もすることで有名なバイオリンの名器「ストラディバリウス」や「ガルネリ」は、現代のバイオリンと 大差ないとする意外な実験結果を仏パリ大学の研究者らが3日、米科学アカデミー紀要で発表した。 』 と

Continue reading

闘い続けましょう!

少しばかり遅くなりましたが・・・新年おめでとうございます。 まあ、何が目出度いのか分かりませんが、取りあえずこう言っておくとこの世は丸くおさまるようです。(^^; 気がつけば、世間で「介護生活」と言われる状況にはまりこん

Continue reading