はじめに

こういうサイトを始めてから気がつけば15年以上の時が経過し、振り返ってみれば、書きなぐってきた文章もかなりの数となりました。
その大部分は取るに足りない内容ではあるのですが、それでも生み出した本人の欲目を持ってすれば、それなりにアーカイブしておきたいものもあります。

世間ではそう言うのは「男のモニュメンタリズム」と言うようです。
いささか気恥ずかしい面も多いのですが、まあ寛容の心を持ってご笑覧あれ。

音楽の骨董いじり

シューマン:交響曲第1番 変ロ長調 「春」作品38 ヨーゼフ・クリップス指揮 ロンドン交響楽団 1957年5月録音 こうやって、とうの昔に死んじまった爺さんや婆さんたちの録音を取り上げてあれこれ書いていると、これはまさに

続きを読む »