Category Archives: ジョージ・セル

濃厚なロマンティシズムが清潔に描かれていく演奏~セルのワーグナー演奏

ワーグナーの音楽というのは、なんだかんだ言っても、その価値の少なくない部分が人を仰け反らせるような巨大なオーケストラの響きに依存しています。そして、実演に接するたびに、その巨大さは「オーディオ」という枠の中には到底収まり