フルトヴェングラーの全盛期

フルトヴェングラーの絶頂期が何時だったのか 昔の巨匠というのはレパートリーが狭いというのが通り相場です。しかし、詳しく調べてみると若い頃は結構いろいろな人の作品を取り上げていたと言うことがよくあります。 それはフルトヴェ

続きを読む »

遊び半分の名人芸

フルトヴェングラーは、その残された言葉や文章を見る限り、いわゆる「標題音楽」というものを評価していなかったことは明らかです。例えば、彼は、標題音楽というものはフラワーアレンジメントみたいなものだと語っています。中には趣味

続きを読む »

痛々しいまでに感動的な演奏

2005年12月9日追加 音楽評論の世界ほど事大主義がまかり通っている世界はありませんでした。 「ありませんでした。」と過去形で述べたのは、インターネットの普及がこの事大主義に大きな風穴をあけたからです。 ところが、どう

続きを読む »