「優秀録音」のそもそも論

この1年ほど「優秀録音」について、具体的な例をあげて考えてきました。 しかし、最近になって、「そもそもの問題」が抜け落ちていることに気づきました。 いわゆる「優秀録音」というのは、何を持って「優秀」と呼ぶのかという問題に

続きを読む »

阪大の入試ミスとオーディオ

阪大の入試問題のミスが世間を賑わせていますが、そのミスの内容についてはあまり詳しく報道されることはありません。 もっぱら話題になるのは受験生が可哀想で、その社会的責任をどうするんだという話ばかりです。もちろん、本来は合格

続きを読む »

アナログの復活はあるのか(4)

アナログの復活がありそうだといいながら、なんだかアナログの欠点と限界ばかりを言い立てているような文章になっています。(^^; しかし、本当にアナログが音楽再生のフォーマットとして一定の地歩を取り戻すためには、そこのところ

続きを読む »

アナログの復活はあるのか(3)

アナログ再生に何を求めるのか 2015年の大阪でのハイエンドショーあたりからアナログ再生への転換は見え始めていました。しかし、そこで鳴っていた音はどれもこれも感心できないものでした。 唯一の例外は「ラックスマン」のブース

続きを読む »