Lewis Layton(4)~サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調 Op.78「オルガン付き」

昔話の続きをさせてください。 スピーカーをガンガン鳴らすだけでなく、その真ん中にたとえ虚像であっても、まさにそこで演奏者の姿が立ちあらわれるような再生を1度経験してしまうと、その魅力はかなり麻薬的です。 これを世間では「

1 / 2512345...1020...最後 »