Author Archives: yung

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する109)~ベートーベン:チェロソナタ全集 (Vc)ロストロポーヴィッチ (P)リヒテル

前回はグールドによるバッハのコンチェルトを「SPECIAL MERIT」にリストアップしているのは「鷹揚にすぎる」と述べて、それでも 「バッハのピアノ(チェンバロ)協奏曲というのは人類にとってはかけがえのない遺産です。

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(9)~バッハ:ピアノ(チェンバロ)協奏曲第1番~5番&7番 (P)グレン・グールド

この録音に関しては「Columbia/Speakers Corner 71449」という復刻盤LPがリストアップの対象となっています。この復刻盤LPは3枚セットでグールドが録音したバッハのコンチェルトが全て収録されていま

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(8)~ボロディン:交響曲第2番~アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1954年録音

大阪サウンド・コレクションに顔を出してきました。常軌を逸した熱さのせいもあってかいつもより人が少ないように感じたのですが、どちらにしても元気のある業界とは言えないようです。 聞かせてもらった「音楽」にしてもそれほど印象に

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(7)~ベートーベン:交響曲第6番「田園」~ブルーノ・ワルター指揮 コロンビア交響楽団

「優秀録音」を紹介する意味について、今回はもう一つのクエスチョンについて私見を申し述べておきます。 もう一つのクエスチョンとは、「音楽」を聞くことを重視している人にしてみれば「優秀録音=優秀な演奏」とは限らないのだから、

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(6)~ブラームス:アルト・ラプソディ ブルーノ・ワルター指揮 (Ms)ミルドレッド・ミラー コロンビア交響楽団

いわゆる「優秀録音」などを紹介して何の意味があるのですかという問いかけをいただきました。 振り返ってみれば、そんな事は自明のことだとしてパスしていたかも知れません。 この疑問の背景には二つのクエスチョンがあるようです。

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(5)~モノラル録音の復権:モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 (Vn)ヨハンナ・マルツィ

「TAS Super LP List」は優秀録音のLPレコードをリストアップしているのですから、その大部分は「ステレオ録音」です。 それでは、リストアップされているレコードの全てが「ステレオ録音」なのかと言えば、そう言う

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(4)~ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15 (P)クリフォード・カーゾン ジョージ・セル指揮 ロンドン交響楽団 1962年5月30日~6月1日録音

セル絡みの録音で「The TAS Super LP List」にリストアップされている録音は、前回紹介したヤナーチェクのシンフォニエッタを含めて3枚です。 ただし、残りの2枚はオケ伴ですから、やはり録音には恵まれなかった

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(3)~ヤナーチェク:シンフォニエッタ ジョージ・セル指揮 クリーブランド管弦楽団 1965年10月15日録音

さて、今回から「The TAS Super LP List」の「優秀録音盤(SPECIAL MERIT)」から、既にパブリックドメインになっている録音をピックアップして聞いていきたいと思います。 「SPECIAL MER

「TAS Super LP List」をパブリックドメインで検証する(2)~シャルル=マリー・ヴィドール:オルガン交響曲第6番「Allegro」 1957年10月録音

全てのものは肥大化し巨大化します。 「進化」というものが持つベクトルの一つが「巨大化」であることは否定しようがありません。 それは、クラシック音楽においても一つの事実であり、古典派の慎ましい交響曲は20世紀の初頭には巨大

1 / 4012345...102030...最後 »