アナログの復活はあるのか(4)

アナログの復活がありそうだといいながら、なんだかアナログの欠点と限界ばかりを言い立てているような文章になっています。(^^; しかし、本当にアナログが音楽再生のフォーマットとして一定の地歩を取り戻すためには、そこのところ

続きを読む »

アナログの復活はあるのか(3)

アナログ再生に何を求めるのか 2015年の大阪でのハイエンドショーあたりからアナログ再生への転換は見え始めていました。しかし、そこで鳴っていた音はどれもこれも感心できないものでした。 唯一の例外は「ラックスマン」のブース

続きを読む »

アナログの復活はあるのか(2)

アンケートにもご協力をお願いします。 オーディオ関係のイベントでもアナログ復活の方向性ははっきりと表れてるのですが、それが本当に「復活」に結びつくかどうかは分かりません。少なくとも、音の入り口だけで1000万円等というの

続きを読む »

アナログの復活はあるのか(1)

最近はオーディオ関係のイベントには顔を出していなかったので、久しぶりに「大阪サウンドコレクション(8月5日)」に顔を出してきました。 秋の「大阪ハイエンドオーディオショー」と較べるとこぢんまりとしたイベントなのですが、ど

続きを読む »

アナログシステムの再構築(4)

アナログというのはデジタルとは異なる魅力があることは間違いありません。 ただし、それが「CDは20kHzまでしか再生できないが、アナログはそれよりも高い周波数まで再生できる」とか、「スムーズで滑らかであるべき波形がデジタ

続きを読む »

アナログシステムの再構築(3)

「次のテーマは『然るべきフォノアンプ』の購入なのですが、それもまた次回に続くなのです。」と書いたのですが、その後思わぬ波乱の展開が待っていて更新が遅れてしまいました。 しかし、その「思わぬ展開」は書き始めるとこれまた長く

続きを読む »

アナログシステムの再構築(2)

前回は「何とか音が出る状態にするのに1週間以上もかかってしまいました。はてさて、そうやって出た音はいかがだったかは、次回に続くです。」で終わってしまいましたので、今回は音のレポートです。 念のために、アナログシステムの構

続きを読む »