ビットレートの低い公開済みの古いMP3ファイルは「Youtube」を使って再配布します

このサイトを始めた頃はネットの環境も貧弱で、月に20K円(数字、間違っていませんから^^;)も支払って借りていたレンタルサーバーでも転送量オーバーで警告をもらいました。

嘘みたいだけど本当の話なんだニャン

ですから、最初の頃はかなりビットレートの低いMP3ファイルで配信をしていました。
つまりは、音質はかなりよくないと言うことです。

それから20年近い時間が経過して、月に2K円程度のレンタルサーバーでも「転送量」などと言うものは全く気にしなくてもよくなりました。まさに隔世の感です。
ただし、この古い時期にアップしたファイルのクオリティに関しては気にはなっていたので、めぼしい音源に関しては少しずつflacファイルで配布するようにしています。

しかし、レンタルサーバーの容量にも上限がありますので(現在3つのレンタルサーバーを使って凌いでいます^^v)、全てをflacファイルに置き換えるのは無駄が多いように思われます。
もちろん、flacファイルに置き換えるか否かの「線引き」は難しいのですが、取りあえずは「Big Name」の音源に関して置き換えようかと考えています。
そして、flacファイルに置き換えない音源に関しては「Youtybe」を使わせてもらうことにしました。

「Youtybe」に関しては、日本でパブリックドメインになっているものだけでなく、70年以上前の古い音源であっても「著作権侵害の申し立て」が来るという鬱陶しさはあるのですが、それでも全くフリーで、そして音質的に納得のいくレベルで公開できるというのは有り難い限りです。

なお、同じように「Youtybe」を使って公開している音源でも、サイトの方でも紹介していない歴史的音源に関しては「歴史的音源の紹介」のコーナーにアップしていきます。
しかし、既にサイトの方でアップしている音源に関しては取り立てて紹介するのも手間なので、出来れば「チャンネル登録」してもらってフォローしていただければと思います。

よく分からないのですが、下のボタンをクリックしてもらうだけで登録がされて、登録したチャンネルの動画を見やすくなるそうです。
具体的には「YouTube画面の左側に登録したチャンネルが並び「自分が見ていない動画の数」が表示されるので、新しく動画が公開された時に気づきやすい。」んだそうです。(^^;

また、聞くところによると、この登録者が1000人を超えると幾ばくかの収益も発生ずる仕組みになっているようです。
まあ、こんなニッチな世界では微々たるものでしょうが、それでも多少はサイトの維持には役立ちますので、よろしければ協力してやってください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です