滅多にみれない1250万円のスピーカーの中味

1250万円のスピーカーに穴!!(@_@) – オーディオスペースコア
最初に申し述べておきますが、私は決してこのオーディオショップの方を悪く言うきもありませんし、貶める気もありません。
ただ、ペアで1250万円もするスピーカーの中味がチラリとでも垣間見られるなどと言うことは滅多にないので、その興味故の言及ですのでご容赦のほどを・・・。
でも、そのショップの方もこんな風に書いておられるのですよね。
「工具を持ってお伺いし、ユニットを外しました。
アクティブなのでネットワークもないし、吸音材も無い。
中身は空っぽです。(^_^;)」
パッと見た感じは、安っぽいアルミのケースにスピーカーユニットを取り付けてあるだけにしか見えませんね。
おまけにシリアル番号を知らせて空輸してもらったウーハーは「値段は言わないでおきます。(^^ゞ」らしいです。
ちなみに工賃は12000円という事で、超良心的!!
それにしても、どこをどうつつき回せば1250万円等という価格設定が出てくるのでしょうか。
色々な意味で恐るべし・・・ハイエンドオーディオ!!
ただ店主の方も、さすがに「あんまりな・・・」と思われたのでしょうか、はっきりとブランド名を書かれていません。
「ユニットはスキャンスピーク社製ですが、フレームにはYGの刻印があるので専用に作らせてるみたいですね。」というひと言を頼りに調べてみました。
はい、こちらです!!!
YGアコースティクス・・・というブランドらしいです。イスラエルの軍事開発研究部門で身につけたサイエンスをいかしたらしいです。
なるほど、物騒なはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です