Flacファイルの更新について

現在はFlacファイルはモノラル録音とステレオ録音に分けた形で更新していますが、これからは「FLACデータベース」「FLAC(モノラル)」という形ではなくて、単純に「FLACデータベース(1)」「FLACデータベース(2)」という形にして更新していきます。
理由は至って現実的なもので、現在は「FLACデータベース」と「FLAC(モノラル)」それぞれに一台ずつサーバーを割り当てているのですが、「FLACデータベース」の方のサーバーの残りの容量が80Gbを切ってきたからです。

今後も今の調子で更新は続くと思われるのですが、そうなると1年後くらいには「FLACデータベース」を運用しているサーバーの上限に達する見込みです。

現在使用しているレンタルサーバーは200Gb,300Gb.400Gbの3種類が利用できるのですが、「FLACデータベース」は上限の400Gbで契約していますのでこれ以上増やすことが出来ません。
それに対して、「FLAC(モノラル)」の方は300Gbで契約して、残り容量は90Gb程度残っています。そして、上限に近くなれば400Gbのコースにグレード・アップが可能ですから、実質的に200Gb近くの容量が残っています。

もちろん、もう一台契約することも考えたのですが、出来るだけ経済的にサイト運営をしていくためには、使えるものはギリギリまで使い切った方がいいだろうと判断しました。
よって、今後は「FLACデータベース(1)」「FLACデータベース(2)」という形でモノラル・ステレオ混在で更新されることになっていささか不便になるかもしれないのですが、上記のような事情ですのでご理解いただければと思います。
そして、両方とも容量が上限に達すれば「FLACデータベース(3)」と言う形でもう一台契約して更新は続けていきますので、その点はご安心ください。

出来るだけ経済的に運営すんだニャン(^^;

なお、MP3ファイルで配信しているメインのサイト方は、もう一台、300Gbで契約しているサーバーで更新しています。
こちらも、残り容量は100Gbを切っているのですが、400Gbのコースに変更できますし、配信しているファイルの容量がFlacと較べると段違いに小さいので、この上限問題に悩まされるのは随分先のことになると思われます。

この2年ほど続いた体調不良の方もどうやら回復の兆しが見え始めたようで、無理はしないで長くサイトの運営は続けていきたいと思っていますので、以上の点ご理解のほどお願いいたします。

2 comments for “Flacファイルの更新について

  1. スギモトマサオ
    2021年9月24日 at 8:30 PM

    高齢者です、アナログ時代MCカートリッジの再生音がお気に入りでした。
    mp3はMMカートリッジのような甘さを感じてしまいます。
    flacの配信に気付き音楽を聴く時間が増えました。
    ありがとうございます。

  2. 坂田卓志
    2021年10月1日 at 3:02 PM

    いつも、音源を利用させていただいております。YUNGさんには、感謝と尊敬の念を表します。私は、FLACをWAVEに変換して聞いていますが、FLACとWAVEそんなに大きさは、変わらないのに、なぜFLACという気持ちがあったのですが、合点いきました。工夫されて運営されていたんですね。
    いつも末尾に、YUNGさんのご健勝を祈念していますが、自分のための祈念でもあります。いつまでもこのサイトの内容また音源の利用ができますようにと思うからです。

    では、末尾になりますが、YUNGさんのご健勝を祈念しております。ありがとうございます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です