大人のコンポ・・・?!!

“ソニーは2月8日、「高級オーディオの設計思想と技術を投入した」というオーディオコンポ「System501」を3月10日より販売開始すると発表した。デジタルステレオアンプ「TA-F501」、SACDプレーヤー「SCD-X501」、ブックシェルフスピーカー「SS-K10ED」で構成されており、価格はそれぞれ9万3450円/7万350円/7万350円(2本1組)。”

ITmedia D LifeStyle:ソニー、“大人のコンポ”「System 501」
こんな言い方をするとソニーさんには失礼だと思うのですが、先日少しばかりふれた「ソニーを壊した成果主義」というのは本当なんだな・・・と実感してしまいます。おそらくは、団塊世代の退職金を狙ったものなんでしょうが、こんな中途半端な商品を買う人はいるのでしょうか?
ある程度オーディオに取り組んだ人ならば、この商品を開発した責任者(ホームオーディオ事業部 事業部長の大津 雅弘氏と言う人)が「第一のコンセプトとしては、リビングに置ける大きさを実現すること。・・・本棚などにも置けるということを前提に、まず奥行きは25?と決めました。」なんて言っているのを聞いただけでパスするでしょう。スピーカーを本棚に押し込むことを前提にしたシステムって、凄いコンセプトです。
でも、もっと凄いのはそれを受けてインタビューの人が「久しぶりにソニーらしい提案が形になりました。コンパクトサイズに新しい技術を投入して、ハイクオリティを実現しています。」とヨイショしているのは笑いを通り越して悲惨ささえ感じます。
私は本棚に押し込んだスピーカーで音楽を聞くぐらいなら、iPodに非圧縮のwaveファイルを放り込んで聞く方を選びます。
とりあえず、こちらの方で、本棚に麗々しくセッティングされたシステムをご覧ください。
もしかしたら、ホントにソニーは死んだのかもしれません。