flacファイルのダウンロードについて

まず最初にお断りしておきますが、個別のメールによるお問い合わせには一切返事はしないことにしています。
それは、個別のメールでのやりとりは全体で共有することができず、結果として同じやりとりを際限なく続けなければいけなくなるからです。営利を求める企業であればそう言うサポートも可能でしょうが、あくまでもこのサイトは一人の個人が酔狂でやっているサイトですから、そこまでのサポートを求められても不可能ですので、その点はご理解ください。

ただし、お答えした方がいいような問い合わせが多数重なれば、こういう形でお答えしたいと思います。

最近よくいただく問い合わせは、

「Flacファイルをダウンロードすると、どのファイルも途中で切れてしまいます。」

というものです。

残念ながら、現状では小手先の対応で解決することは不可能です。

Flacファイルはレンタルサーバーを使って配信しています。一昔前であれば、こういうサイズの大きなファイルをレンタルサーバーで配信することはNGでしたが、昨今はそう言う「無茶」も大目に見てくれるようになりました。しかし、全く無制限で配信できるのかというとそれは不可能でして、いくつかの制限がかけられています。

その制限とは同時接続数とタイムアウトまでの時間制限です。

モノラル録音を配信しているサーバーは同時接続数で制限がかけられていて、たくさんの方が同時にアクセスされると、新しい方がアクセスできなくなると言う制限がかかっています。
これは分かりやすいです。また時間を改めてアクセスしてもらえば無事にアクセスできてダウンロードもできるかと思います。

悩ましいのは、ステレオ録音のFlacファイルを配信している「FLACデータベース」の方です。
こちらは、同一ユーザーが一定時間を超えてアクセスし続けていると接続が切るという制限、つまりは「タイムアウトまでの時間制限」がかけられています。ですから、ファイルのサイズが大きくてダウンロードに時間がかかると接続が一時的に切られますので、「どのファイルも途中で切れてしまいます。」と言うことになってしまうわけです。

と言うことは、素早くダウンロードしてしまえばいいわけでして、狙い目としてはサーバーに負荷のかかっていない早朝にダウンロードを試すという手はあります。それでも、ネットに接続する環境がADSLの8Mb程度だと苦しいかもしれません。
なお、私は光回線の1Gbコースという環境なのですが、回線がこれくらい太ければほとんどタイムアウトするまでにダウンロードか可能です。
ただし、このようなサイトをストレスなく利用せんがために多額の投資をして回線を太くする価値があるのかと問われれば、それはいささか躊躇ってしまいます。

最初に述べたように、このサイトはあくまでも一人の個人が酔狂でやっているサイトですから、そのあたりの使い勝手の悪さはご容赦いただければと思います。