Win8ユーザーが「Google Chrome」最新版でも「Windows Media Player プラグイン」を使用できるようにする方法

Topページのお知らせで
「Win8ユーザーの方は「Google Chrome」の最新版では「Windows Media Player プラグイン」が強制的に無効にされる仕様となったために、ストリーミング再生ができなくなっています。
ストリーミング再生をさせたい方は「Firefox」か「Internet Explorer」あたりを使ってください。」
と告知しました。

基本はそれでいいとは思うのですが、私自身は「Google Chrome」ユーザーなのでやはり困ってしまっています。
そこで、この一週間ほど何か「解決法」はないものかとネット上の情報を探っていたのですが、やはり何となるものは何とかなるようです。
解決方法がGoogle Group – Product forumに紹介されていました。

このページの2番目に、Wisperbirdさんの投稿(6月15日投稿)があります。

この投稿の「If you do not know How, you can read my post or download the zip file , …」という文中の「download」がプラグインファイルのリンク先になっていますので、これを落としてきます。

ファイル名は「Chrome.WMP.zip」です。
これを解凍すると「Chrome.WMP」というフォルダが生成されて中味が展開されます。

wmp_1

次に「Google Chrome」を立ち上げて設定画面を開きます。
この画面の「設定」をクリックします。

wmp_2

これが「設定」画面ですので、ここから左側の「拡張機能」をクリックします。

wmp_3

この画面で「デベロッパー・モード」にチェックが入っていることを確認します。

wmp_4

そして、「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」をクリックして、先ほど解凍してでき「Chrome.WMP」を指定して「OK」をクリックします。上手くいっていれば次のような画面が表示されますので、「追加」をクリックします。

wmp_5

成功すれば、この画面のように「Windows Media Player Extension for HTML5 1.0」というプラグインが組み込めて、無事にストリーミング再生ができるようになります。

wmp_6

なお、PCを起動してプラウザを立ち上げると以下のように「無効化しますか?」と毎回聞いてきます。鬱陶しいと言えば鬱陶しいのですが仕方がありません。面倒でも、毎回丁重に「キャンセル」をクリックしてお断りしてください。

wmp_7
ただし、今後の「Google Chrome」のアップデートでこれもまた無効化されるかもしれません。

Googleはとことん「Windows Media Player」がお嫌いなようです。
ちなみに、現在は「バージョン 35.0.1916.153 m”」ですね。(2014年7月3日現在)

1 comment for “Win8ユーザーが「Google Chrome」最新版でも「Windows Media Player プラグイン」を使用できるようにする方法

  1. cocomaca
    2014年9月21日 at 12:25 PM

    ありがとうございます。助かりました。

Comments are closed.