こんな事でも音が変わるのか!

どこかのブログで、インターフェースとPCをつなぐときに、オンボードの端子につなぐのか、それともカードを差し込んだ端子とつなぐのかで音が変わるという話を読んだ記憶があります。そして、そのブログではオンボードよりは然るべきカードを差し込んでそこにつないだ方がベターだと結論づけていました。
ほんかいな?と、思いつつも、妙に記憶の中に留まっていました。
今回音楽再生専用のパソコンを投入したことで、今まで使っていたパソコンのIEEEのカードが不要になったので、一度試してみようと考えていました。しかし、いざ実行するとなると、古いPCを開けてカードを外し、次に新しいPCを開けてカードを差し込まないといけません、結構、手間です。ですので、しばらく放置していたのですが、仕事用に使っていたPCが少し重くなってきたので、メモリを積みますことになりました。
Windoesのアップデートは便利なのですが、知らない間にどんどんアップデートしてくれて、おかげでPCは勝手にどんどん重くなります。仕事用に使っているのは4年ほど前に購入したGatewayの705JPです。CPUはPen4の3.5G、メモリは1Gです。しかし、アップデートを繰り返したXPでメモリが1Gではいささか重さを感じるようになったので、1G積みますことにしました。そのついでに、IEEEのカードも抜いて、新しいPCに差し込んでオンボードとの違いを確認してみることにしました。
結果は、やはり、違います。
差し込んだカードの品名は忘れましたが、確か日本橋のソフマップかどこかで5000円ほどで買ったもので、結構「高いなぁ・・・!」と思ったことだけは覚えています。積みましたメモリは激安のいささか怪しいものですが、カードの方はそれなりのものです。
ただし、変化というのはオーディオの場合曲者で、それが「改善」なのか「改悪」なのかは、なかなか簡単には判断しかねる部分があります。
今しばらく、あれこれと差し替えてみて、聞き比べてみましょう。