貴重な情報ありがとうございます(セルのクリーブランドでの最後の演奏会)

いつも多くの方から貴重な情報をいただいていますが、今日はセルのクリーブランドでの最後の演奏会がネットラジオで聴けるとの嬢をいただきました。

George Szell

Archival concert from Severance Hall; May 7, 1970

WEBER: Oberon Overture
MOZART: Symphony No. 40 in g, K. 550
BEETHOVEN: Symphony No. 3 in Eb, Op. 55 “Eroica”

George Szell, conductor.

来日公演の初日は1970年5月15日に大阪のフェスティバル・ホールで行われていますから、まさにこの定期演奏会のすぐあとに来日したことになるようです。
フェスティバルホールでの2日間のプログラムは以下の通りですから、クリーブランドで入念にリハーサルを繰り返した演目を持ってきたことが分かります。

5月15日

  1. ウェーバー:オベロン序曲
  2. モーツァルト:交響曲第40番
  3. シベリウス:交響曲第2番

5月16日

  1. スメタナ:売られた花嫁序曲
  2. プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 (P)ゲイリー・グラフマン
  3. ベートーヴェン:交響曲第3番「エロイカ」

いつまで聞けるか分かりませんので、セルに興味のある方にとっては興味深い音源だと思います。

13 comments for “貴重な情報ありがとうございます(セルのクリーブランドでの最後の演奏会)

  1. 北の火薬庫
    2020年5月18日 at 5:05 PM

    情報ありがとうございました。

  2. ファゴット吹き
    2020年5月21日 at 8:25 AM

    公開は5/31までです。
    ちなみにこの年は、バルビローリ/フィルハーモニアとセル/クリーブランドの二つでシベ2が聞ける予定でした。迷ったすえ、バルビローリのチケットを入手したのですば、来日前に亡くなられ、確かプリッチャードが代振りで来日、残念でした。

  3. ファゴット吹き
    2020年6月5日 at 10:51 AM
  4. 浅野修
    2020年6月7日 at 9:51 AM

    ファゴット吹き様、貴重な情報ありがとうございます。
    「ミサソレムニス」のストリーム放送の日本時間ですが、単純ミスと思われますが、6月8日05:00スタートが正解かと思われます。
    私は、セル/クリーブランドO.の演奏会を1970年5月21日愛知県文化会館講堂で聴きました。プログラムは、5月15日と同じで、「英雄」がメインでした。演奏については、コンサートの前に何度も聴いて行ったレコードの通りでしたが、第2楽章葬送行進曲では、演奏が止まるかと思えるほど遅くなった箇所がありました。セルはアメリカに帰国後、すぐに亡くなりましたので、私には、セルは特別な唯一無にのマエストロになりました。

  5. 浅野修
    2020年10月31日 at 3:00 AM

    youtubeにセルの大阪LIVEのプライベート録音と思われる音源がアップされています。
    「売られた花嫁」序曲 & 「英雄」第1楽章冒頭部分です。

    ジョージ・セル  1970年5月16日  大阪LIVE
      「 売られた花嫁 」 序曲

    https://www.youtube.com/watch?v=m9dKPm2SzMo

  6. 浅野修
    2021年7月14日 at 12:47 AM

    youtubeにセルの大阪LIVEのプライベート録音と思われる音源が追加アップされています。
    「売られた花嫁」序曲 & 「英雄」第1楽章と第2楽章です。

    ジョージ・セル  1970年5月16日  大阪LIVE
      スメタナ「売られた花嫁」 序曲
      ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」第1楽章、第2楽章

      セル没後、51年記念。2021.7.30  期間限定

     https://www.youtube.com/watch?v=BlQvG3KIgxQ

  7. 浅野修
    2021年7月14日 at 1:21 AM

    追加情報です。

    youtubeにセルの大阪LIVEのリハーサル風景がアップされています。

    ジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団 1970 日本公演

    ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」とモーツァルト交響曲第40番
     
    1970年5月15日、大阪フェスティバルホールでのリハーサル風景。
     サムネイル画像、コメント欄は、誤り 
      NHK収録。

    https://www.youtube.com/watch?v=OxB7ZbesJ4Y&t=29s

  8. サッカー好き
    2021年10月10日 at 6:24 PM

    セル/クリーヴランド管の1970年5月16日のライブ音源があるらしいということについて調べていたら、このブログの記事に辿り着きました。
    上記の浅野様の情報の通り、
    スメタナ「売られた花嫁」 序曲
    ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」第1楽章、第2楽章
    だけなのでしょうか?それとも全曲の録音があるのでしょうか?
    また録音の状況(ステレオかどうか)も知りたいです。
    お聴きであれば教えていただきますようよろしくお願い申し上げます。

    • yung
      2021年10月10日 at 8:18 PM

      残念ながら私は未聴なので詳しいことは分かりません。まあ昔ほどセル一筋ではなくなったと言うことでしょうか。(^^;
      聞くところによると、少なくとも60年代以降のセルの演奏会に関しては全て録音されていたようです。
      来日時のベートーベンのエロイカに関してはNHKが放送しているので、非常に良好な状態の録音がアーカイブに眠っているはずです。

      おそらく、何らかの契約上の問題で公開できないのだと思われますが、5月22日の東京文化会館での公演だけが正式にライブ録音がリリースされていますから、いつの日か陽の目を見ることを期待したいものです。

  9. サッカー好き
    2021年10月11日 at 8:27 PM

    yung様
    早々のご回答ありがとうございました。来日時のベートーベンのエロイカは何時放送されたのでしょうか?当時の新聞縮刷版を辿ってFMの放送記録を探してみたのですが、1970/5/16のコンサートの放送は見つかりませんでした。当方の調査が甘いのかもしれせんが、もしご存じでしたら教えていただけないでしょうか?それともカラヤンBPOの73年来日の時のように関西ローカルのみでFM放送があったのでしょうか?あるいはAMだけで放送されたのでしょうか?

    • yung
      2021年10月12日 at 9:11 AM

      私もあまり確かではないのですが、FM等ではなくてテレビ放送だったという話を聞いています。
      その昔、セルについて熱心にフォローされていた「ペンギンさん」の情報です。

      • サッカー好き
        2021年10月12日 at 5:35 PM

        yung様
        ご回答ありがとうございました。TV放送の方は1970/9/15と1970/1/3にあったようですが、詳しい曲目はシベリウスの2番しか出ていなかったようなので、5/16分の放送もあたのかもしれませんね。詳細について分かる方法があればよいのですが・・・

        • Griddlebone
          2021年11月1日 at 2:01 PM

          私の記憶によるものなので確かな情報ではございませんが、お調べされている通りで、
          セルの1970年の来日公演の放送は、CDで出ているシベリウス他の日だけだったように思います。エロイカのフィナーレのリハーサル録音は同時放送されたような気がします。
          当時中学生だった私はあのシベリウスのフィナーレとアンコールの「ハンガリー行進曲」のエアチェックを何度となく聞きました。

          あの年はカラヤン指揮ベルリンフィル、バーンスタイン指揮ニューヨークフィル他も来日はしたもののNHKのTV、FMの放送はなく、残念に思った記憶があります。

          セルの「エロイカ」の日は録音が存在しないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です