Vista対応ドライバー

“オンキヨー(株)は、同社PCIオーディオボードをWindows Vistaで使用可能にするベータ版ドライバーの配布を同社サイトにて開始した。
今回ダウンロード配布を開始したのは、「SE-200PCI」(関連ニュース)「SE-90PCI」「SE-150PCI」の専用ドライバー。ドライバをインストールすることで、Windows Vista搭載PCで各製品を使用することが可能となる。”

オンキヨー、PCIオーディオボードのVista対応ドライバーを配布開始 AV&ホームシアターNews
オンキョウの製品って売れているのかな?日本のオーディオ関連メーカーがどこもかしこも元気がない中で、それなりに意欲的な製品を出しているし、こういう事に対する対応も早くて、「頑張ってるな!」と思うのです。
思うのですが、・・・その製品が今ひとつ訴求力に欠けるのです。
このサウンドカードも悪くはないのですが、PC使ってオーディオをやるぞー!と意気込んでいる人にとっては今ひとつ物足りないのです。音質面でも(古い人なら分かると思うのですが・・・)ネガティブフィードバックを盛大にかけたような雰囲気がただよいます。つまり、何というか、どこか人工的なにおいがつきまとうのです。
それに、最大の問題はWindowsのカーネルミキサーをパスするためのASIOドライバーに対応していないことです。これは、オンキョウのサイトの「よくある質問」の中にも「ASIOドライバーには対応していないのですか?」と言う項目があるぐらいですから、要望は多く寄せられているはずです。ところが、それへの回答は、「現時点ではその様な予定はありません」と素っ気ないものです。
オンキョウとASIOドライバーの間には何か因縁でもあったのでしょうか

SE-200PCI

20070226-SE-200PCI.jpg