ベートーベンのピアノソナタ全32曲を聞いてみる(30)

ベートーベン:ピアノソナタ第30番 変ホ長調 作品109

  • 作曲:1820年
  • 出版:1821年
  • 献呈:M.ブレンターノ

(P)クラウディオ・アラウ 1965年10月録音

ピアノ作品の作曲には制約が多すぎる

ベートーベンのピアノ作品の最後を飾るのが一般的に「後期ソナタ」と呼ばれる3つのソナタです。

  1. ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109(1820年作曲)
  2. ピアノソナタ第31番 変イ長調 作品110(1821年作曲)
  3. ピアノソナタ第32番 ハ短調 作品111(1822年作曲)

最後のハ短調ソナタを作曲した後でもベートーベンには5年の歳月があったのですが、彼はピアノ作品の作曲には制約が多すぎると述べてこの分野から去ってしまいます。この言葉をどのように受け取るのかは難しいのですが、考えるきっかけとしては作品101のイ長調ソナタ(28番)と「ハンマークラヴィーア」と題された作品106の巨大なソナタ(29番)との関連性を見ればいいのかもしれません。

聞いてみれば分かるように、後期ソナタが持っているある種の幻想性に近いのはイ長調ソナタの方です。
それに対して、「ハンマークラヴィーア」の方はアダージョ楽章の深い幻想性に惑わされるのですが、音楽全体の形は「熱情」や「ワルトシュタイン」に通ずる構造を持っているように聞こえます。言葉は悪いかもしれませんが、作品101のイ長調ソナタから見れば、いささか「先祖帰り」したような作品になっています。
しかし、それは言葉をかえれば、ベートーベン自身にとって一度前に進み出した歩みを留めて過去の自分が辿ってきた道を総決算するような営みだったのかもしれないのです。そして、その総決算によってもう一度歩みを前に踏み出したのが、これらの後期ソナタだったと言えるのです。

だとすれば、いかにベートーベンといえども、3つの後期ソナタにおけるチャレンジはピアノという楽器を用いた音楽の一つの行き止まりだったはずです。
その、ある意味での「やりきった感」が「ピアノ作品の作曲には制約が多すぎる」という言葉になり、彼の創作活動の中心が弦楽四重奏曲の世界に収斂していったのでしょう。

その証拠に(と言うのもおかしな言い方ですが)、これらのソナタは当時の聴衆にはなかなか受け入れられなかっただけでなく、その後1世紀にわたって広く受け入れられることはなかったのです。これらの音楽がコンサートのメインピースとなるのは20世紀になるのを待たなければならなかったのです。
そして、創作という分野においても、彼の中期の作品は多くの作曲家に影響を与えたのですが、この後期ソナタをかみ砕くことができた作曲家はほとんどいなかったのです。

その結果として、チャールズ・ローゼンはこれらの作品は「聞き手の積極的な参加」が求められる音楽だと述べています。つまりは、構造的に極めて複雑であり、ベートーベンが果敢に挑戦した実験的な営みを聞き分ける能力が聴衆にも求められるということです。
言葉をかえれば、これらの作品はその幻想的な雰囲気に浸っているだけでも十分かもしれないのですが、もう少しベートーベンのチャレンジを聞き分けることができれば、より一層、これらの作品の凄さが分かると言うことなのでしょう。

ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109(1820年作曲)

第1楽章の出始めは、おかしな喩えかもしれませんが、舞台に登場したピアニストがピョコンと一礼するとそそくさとピアノに向かい、拍手が未だ鳴りやまないうちに演奏始めたような雰囲気がただよいます。
序奏もなしに主題が提示され、あっという間に属調に転調されて事が次へと進んでいきます。その驚くほどのあっさりとした進行は、フィナーレで変奏主題がもう一度帰ってきてあっさりと終わるのと一対を為しているように聞こえます。
つまりは目立つことなく控えめに始まり、目立つことなくひっそりと終わるという一対です。

しかし、チャールズ・ローゼンも語っているように、その目立たない両端部は控えめに見えながらも非常に多くのものを演奏者に求める部分でもあります。

開始部における弱拍の効果を出しながら右手の2声を音色の変化も意識しながら演奏するのはかなり難しいようです。
最後の部分もあっさりと見えながらもバス声部が追加されてより重厚な響きで歌う(cantabile)事が要求されているのです。

このあたりをどれくらい上手く処理しているかを聞き分けることで、演奏者がどれほどしっかりと物事を考えているかが見えてくるのかもしれません。

ただし、この作品で一番の聞き所は変奏曲形式で書かれたアンダンテ楽章でしょう。
この楽章は6つの変奏から成り立っているのですが、「molto cantabile ed espressivo」となっているように「より表情豊かに歌う」ことが求められています。しかし、その背後には「テンポは変えては駄目」というベートーベンの指示も読み取る必要があります。

表情豊かに歌うことに足下をすくわれてテンポが揺れるようでは駄目なのです。

また、この楽章の頂点が第4変奏にあることは明らかなのですが、この遅いテンポを際だたせるために第3変奏が大きな役割を果たしています。
同じく、第5変奏の複雑な対位法が最後の第6変奏の簡素な出だしを強く印象づけます。

つまりは、ベートーベンの実験精神はその様な細部に至るまで「音楽の構造」を突き詰めることにあったようです。
ただし、私のような凡には、ローゼン先生の解説を読んでも、そしてそれをもとにスコアとにらめっこしても、なかなか理解できないのが辛いところです。

  1. 第1楽章:Satz Vivace, ma non troppo
  2. 第2楽章:Prestissimo
  3. 第3楽章:Andante molto cantabile ed espressivo

色々なピアニストで聞いてみよう

  1. (P)アルトゥル・シュナーベル シュナーベル 1932年3月22日録音
  2. (P)ヴァルター・ギーゼキング 1949年11月22日録音
  3. (P)ヴィルヘルム・バックハウス 1950年7月録音
  4. (P)ソロモン 1951年6月19日録音
  5. (P)ヴィルヘルム・ケンプ 1951年9月25日録音
  6. (P)イヴ・ナット 1954年2月17日録音
  7. (P)バイロン・ジャニス 1956年2月3日録音
  8. (P)グレン・グールド 1956年録音
  9. (P)アニー・フィッシャー 1958年11月20日~21日録音
  10. (P)リヒター=ハーザー 1959年6月10~12日録音
  11. (P)ヴィルヘルム・バックハウス 1961年11月録音

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です