ドン・キホーテにおけるカーニバル性

リヒャルト・シュトラウスの交響詩「ドン・キホーテ」は言うまでもなく、セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」を下敷きにしています。
シュトラウスはこの作品のことを「大オーケストラのための、騎士的な性格のひとつの主題による幻想的変奏曲」と名付けています。この「騎士的な性格のひとつの主題」というのは「悲しげな姿の騎士、ドン・キホーテ」のことで、その「幻想的変奏曲」というのは、きわめて自由な形式による変奏によってドン・キホーテの数々の奇行を描いていこうという趣向を表明しています。
とりわけ、この作品で重要なポジションをしめるのが独奏チェロで、これが主人公である「ドン・キホーテ」の性格を表現していきます。
ちなみに、従者であるサンチョ・パンサは独奏ヴィオラで表現されることが多く、貴婦人は木管楽器によって表現されることが多いので、そのあたりは耳をすませて聞くとニヤリとできる場面が多いはずです。
95c30/huch/1273/0231
なお、シュトラウスは楽譜の中に物語との関係を書き込んだりはしていないが、ある機会に次のように語ったと伝えられています。

・序奏
ラ・マンチャの村に住む男が騎士のロマンスを読むうちに妄想にふけり、理性を失う中なかで、自分自身がが遍歴する騎士ドン・キホーテになろうと決心する。
・主題
悲しげな姿の騎士、ドン・キホーテ(主題)が独奏チェロで、サンチョ・パンサの主題が独奏ヴィオラ表現される。
・第1変奏
美しい貴婦人「ドゥルネシア」の合図で二人は出発し、風車を巨人と思い込んで戦いを挑む。しかし、たちまちのうちに風車が回り、地面に叩き付けられてしまう。風は弦楽器のトリルで表現される。
・第2変奏
ドン・キホーテは羊の群れをアリファンファロン大王の軍隊と勘違いして戦闘を挑み、たちまちのうちに的を蹴散らして勝利する。羊は金管楽器のフラッター奏法で示される。
・第3変奏
騎士と従者の対話。冒険が嫌になったサンチョの要求・質問・諌言、それに対してドン・キホーテのなだめ・慰め・約束が独奏チェロと独奏ヴィオラで展開される。
・第4変奏
行進してくる懺悔者の一行とドン・キホーテの出会い。ドン・キホーテは懺悔者が携える聖像を誘拐された貴婦人だと思い込み、助け出そうとして一行に突入するが、叩き付けられて失神してしまう。
・第5変奏
ドン・キホーテは戦争の見張りをしながら、遠く離れた架空の恋人ドルシネア姫へ胸の内を打ち明ける。
・第6変奏
サンチョ・パンサは通りかかった不器量な田舎娘を主人にドルシネア姫だと思いこませる。しかい、娘は気味悪がって逃げてしまう。
・第7変奏
女たちにからかわれ、だまされて目隠しをしたドン・キホーテとサンチョ・パンサは、乗せられた木馬を魔法の馬だと信じて空中を騎行し、巨人退治に夢中になる。
・第8変奏
だまされた小舟での予想もしなかった航行、舟歌が歌われる。
・第9変奏
二人の修行僧を悪魔と勘違いして闘いを挑む。驚いて修行僧たちは逃げるが、ドン・キホーテとサンチョ・パンサは意気揚々と旅を続ける。
・第10変奏
光り輝いた月の騎士との決闘でドン・キホーテは大地の打ちのめされる。これによって、ドン・キホーテはついに冒険をあきらめ、羊飼いになる決心をして故郷に向かう。
・終曲
ふたたび正気に戻ったドン・キホーテは最後の日々を瞑想の中で過ごし、静かに自分の生涯を回想する。そして、ドン・キホーテの死。

なお、セルバンテスの小説は、当初は「滑稽本」の傑作として評価されていましたが、19世紀のロマン派の時代になると、見果てぬ夢を追い求める偉大でもの悲しい物語という悲劇的な解釈が主流を占めるようになります。
しかし、20世紀になると、これを「カーニバル文学」の傑作として解釈する動きも見られます。

「カーニバル文学」とは、

「文学におけるカーニバル性とは、国王の戴冠と奪冠、地位や役割の交代や変装、両義性、シニカルで無遠慮な言葉、などに見られるものである。価値倒錯の世界を創り出す効果を持つ。また、中世によく見られた笑いを隠れ蓑にしたパロディーにも強いカーニバル性が見られる。中世においても笑いによってならば、聖なるものを俗的に扱うことが許されたのである。聖と俗の交わりや交代、否定(嘲笑)と肯定(歓喜)、死と再生、などが笑いの中で行われた。笑いは社会風刺のために、無くてはならない要素であった。カーニバル文学においても、笑いは極めて重要な要素である。」

と言うものらしいです。

シュトラウスの作品は、19世紀的な悲劇的解釈を下敷きにしたというよりは、明らかにこの物語が持つ「カーニバル性」を前面に押し出した作品のように思えます。
しかし、演奏する側にとってはどうにでも料理できる懐の広さを持つ作品でもあるので、そのあたりの解釈をどうするかは結構難しい問題となるように思われます。

例えば、私にとってのこの作品の「刷り込み」はセル&クリーブランド管による録音です。

セル指揮 (Vc)フルニエ クリーブランド管弦楽団 1960年10月28、29日録音

チェロ独奏のパートはまるでオーケストラパートの一部であるかのように、オケの響きの中に同化されてしまっています。言葉をかえれば、チョロ独奏は完全に指揮者であるセルのコントロール下に置かれています。
いや、チェリストはフルニエなのですからこういう言い方は彼に失礼かもしれません。
ですから、こういう言い方に変えましょう。
セルがここで描いているドン・キホーテは、燦めく甲冑を身にまとい、見果てぬ夢に向かって突き進む19世紀的な悲劇的な主人公であるかのように聞こえます。スタイリッシュで交響的なオケの響きの中にチョロの独奏がすっきりと収まっていて、目指すべきドン・キホーテ像がセルとフルニエによって共有されています。

それに対して、ライナーとヤニグロによるドン・キホーテは「カーニバル性」が前面に出ています。

ライナー指揮 (Vc)ヤニグロ シカゴ交響楽団 1959年4月11日録音

セルとフルニエによる録音が刷り込まれている人にとっては、この演奏を聴けばきっと腰が抜けるほど驚かされることでしょう。実際、私は腰が抜けるほど驚きました。(^^v

この「腰が抜ける」というのは決して「比喩」ではなくて、セルとライナーの演奏は南極と北極ほどに異なります。本当に、再生する曲を間違ったのではないかと錯覚するほどにその表現は対照的でした。
そして、チェロ独奏の「ヤニグロ」という名前をしげしげと眺めてしまいました。

このドン・キホーテはまるで酒でも食らって、あちらで頭をぶつけ、こちらでつっ転ぶみたいな、まさに妄想癖に取り憑かれたいかれ親父そのものです。その「いかれ具合」ときたらもうやりたい放題という感じで、その面白さたるや、まさにチャップリンを彷彿とさせるほどです。

そして、驚かされたのは、それをサポートするライナーという男の「懐の広さ」です。
私の中では「セル≒ライナー」見たいな公式が何となく存在したのですが、こういう録音を聞かされると、この二人は表面的には似ているように見えて、その本質的な部分では大きく異なっているのではないかと思うようになりました。
少なくとも、セルはこのヤニグロのような独奏を決して許さないでしょう。それだけは断言できます。

では、この2つの録音を聞いてどちらが面白かったのかと聞かれれば、これは躊躇うことなくこのライナー盤の方に軍配を上げます。そして、おそらくはシュトラウスがこの作品に込めたであろう「カーニバル性」が思う存分発揮されているのは間違いなくこのヤニグロの独奏の方です。
「チェロの貴公子」と呼ばれたフルニエには絶対にまねのできない演奏であることは間違いありません。

そして、思ったのは、この「ヤニグロ」って何物だ?と言う疑問です。
調べてみると、50年代においては世界有数のチェリストとして評価されていたものの、60年代以降は指揮者としての活動が中心となった人のようです。ですから、今となってはヤニグロは指揮者として認識されている人が多いようなのですが、こういう録音を聞かされると、チェリストとしてのヤニグロの録音を漁ってみたいと思ってしまいます。

古い録音を漁っていて一番嬉しいのは、こういう「掘り出し物」に出会ったときです。ただし、それを知らなかったのは私だけで、世間ではとっくに有名だったと言うことはよくあるのですが、これはどうなのでしょうか?

1件のコメント

  1. 私が、このサイトを訪れるようになって、気付いたことは沢山ありましたが、その中の一つに、自分は、新即物主義者なのではないかという事です。 この言葉の意味を、正確に認識しているわけではありませんが、私の大好きな、ギーゼキングやベームなんかは、この範疇に入るものらしいのです。そして、それは、ロマン主義とは、全く違う感性を持っているという事らしいです。 ライナーとセルのドンキホーテを聴いてみて、私の場合、全くセルの方に軍配を上げます。セルは、即物主義者ではないと思いますが、出来上がった音として、金属的宝石的に、輝いています。それに比べると、ライナーの方は、物語性を彷彿とさせるもので、私には、こういった演奏は、あまり、受け付けられないのです。偏見といえば、それまでですが、なんたって、セルのシュトラウス、で、このように協奏曲風の音楽ですと、圧巻 という単語が、頭をかすめます。 私は、セルの特別なファンではありませんが、師ではあります。セルの管弦楽を聴いていると、管弦楽とはこういうものだよ!!と教えられていると感ずるからです。そして、目の前に浮かぶ物は、ドンキホーテの物語では無く、ピカピカのオーケストラが浮かび上がってきます。私は、標題音楽をむやみに軽んずる人々には賛同できませんが、オペラにしろ、ロマン派音楽にしろ、印象派音楽にしろ、どうしても物語性や標題を無視して、音楽を聴いてしまう、偏見者で非正統なクラシック愛好家であるようです。 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です