痛々しいまでに感動的な演奏

2005年12月9日追加 音楽評論の世界ほど事大主義がまかり通っている世界はありませんでした。 「ありませんでした。」と過去形で述べたのは、インターネットの普及がこの事大主義に大きな風穴をあけたからです。 ところが、どう

続きを読む »

別れの季節

3月は別れの季節、4月は出会いの季節、といわれます。 確かに3月は学校では卒業式が行われ、会社ではいろいろな辞令が発令されます。それをもって、学生は卒業していき、社会人は退職や転勤をしていくわけですから、間違いなく3月は

続きを読む »

早熟の天才~ジネット・ヌヴー

ジネット・ヌヴーというヴァイオリニストを語るとき私は二つのことを忘れてはいけないと考えています。 まず一つめは、その驚くべき早熟さについてです。 彼女はわずか7歳で、パリのサール・ガボヴォーにてブルッフのヴァイオリン協奏

続きを読む »

散りゆく桜に

2007年4月8日追加 梅と桜は春を代表するものとして並び称されますが、趣は随分と異なることに気づかされました。 その違いはどこからくるのだろうかと思案を巡らせて思い当たったのが「冗長性」ということです。 梅には冗長性が

続きを読む »

節分と言えば今では2月初めの立春の前日と決まっています。 しかし、もともとは「節分=季節を分ける」なので、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを「節分」と呼んでいました。それが、立春の前日だけが特別扱いされるようになったの

続きを読む »

自助努力と言うこと

2012年1月4日追加 気がつけば、世間で「介護生活」と言われる状況にはまりこんで7年目となりました。 最初に、妻の母が倒れました。7年前のことです。 次に5年前に父が病に倒れ、7度の入退院を繰り返して3年前に亡くなりま

続きを読む »