夜明け前のマーラー

何でもありの面白い時代 2013年6月23日 追加 マーラーの交響曲が本当の意味で多くの人に受け入れられるようになったのは80年代以降のことだと思います。当初は「マーラブーム」などと言われて一時期の下手物趣味みたいな見方

続きを読む »

ブリューゲル:雪中の狩人

2008年5月18日 追加 ヨーロッパは旅人自らが持っているものしか与えてくれない、と言った人がいました。 全く同感です。 オペラに興味がない人は、歌劇場に足を運んでも退屈なだけです。 美術に関心のない人が美術館に行った

続きを読む »

山田一雄の思いで

偉大な万年青年、あふれるロマンティシズム 1998年12月1日 更新 幸せな思いでの一つが、晩年の山田一雄のコンサートを聴けたことです。 今でも、当日のプログラムをはっきりと覚えています。 前半が、プロコフィエフの「キー

続きを読む »

淀川長治さんの死去に思う

1998年12月1日 更新 広からぬ庭を3匹のワン助が今日も元気よく走り回っています。 最初は一匹でした。 ゴールデンレトリーバーの女の子で、2年半前の夏のある日、スイス、パリとまわった2週間の旅行から帰った翌日に、友人

続きを読む »